VSCodeでSalesforceのPackage.xmlを作成

VSCodeでSalesforceのPackage.xmlを作成

概要

本記事では、VSCodeのExtensionを使うことでSalesforceの対象組織のメタデータを抽出するのに必要となるPackage.xmlを作成する方法を記載します。

Extension

使用するExtensionは下記になります。なので、まずはこれをVSCodeにインストールします。
Salesforce Package.xml Generator Extension for VS Code
https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=VignaeshRamA.sfdx-package-xml-generator

Usage

SFDXのプロジェクトを作成

コマンドパレット(Cmd+Shift+P)を開き、 SFDX: Create Project with Manifestを実行します。下記のように空のプロジェクトが作成されます。

SFDXで対象の組織を認証

コマンドパレット(Cmd+Shift+P)を開き、 SFDX: Authorize an Orgを実行します。
ProductionかSandboxかを選択するとログイン画面遷移するので、ログインIDとパスワードでログインを実施します。
下記のOAuthの認可画面で許可することで、VSCodeから組織の情報にアクセスできるようになります。

package.xmlを作成

コマンドパレット(Cmd+Shift+P)を開き、SFDX Package.xml Generator: Choose Metadata Componentsを実行します。
Eclipse Force.com IDEと同じような感じの下記の画面が表示されるので必要なメタデータを選択して、Update Package.xmlを押下することでpackage.xmlが更新されます。

package.xmlを元にメタデータを取得

コマンドパレット(Cmd+Shift+P)を開き、SFDX: Retrieve Source in Manifest from Orgを実行します。

まとめ

Force.com IDEと同じようにPackage.xmlを作成することがVSCodeでできるようになったのはとても良いと思いました。ただ、公式ではないので実務での使用には注意が必要そうです。

参考

Org Development Model with VS Code
https://forcedotcom.github.io/salesforcedx-vscode/articles/user-guide/org-development-model

Github(vignaesh01/sfdx-package-generator)
https://github.com/vignaesh01/sfdx-package-generator