開発ツール

LWC Local Developmentを試してみた

概要 SalesforceのLightning Web Component(LWC)をローカルサーバーで動かせる機能がBeta版でリリースされていたので、どんなものかを触って確かめてみました。 準備 Local Dev Server用のCLIをインストール 最終的にはSalesforce CLIのパッケージに含まれるようですが、現在はBeta版なので含まれていないので、個別にインストールする必要が […]

VS CodeのOrg Browserという機能

概要 Salesforceのソースコードベースの開発を行う際には、VSCodeとその拡張機能(Extension)を使用しますが、その中にOrg Browserという便利な機能が追加されていたので紹介したいと思います。Org Browserを使用すると、manifest file(package.xml)を作成せずにSandbox等の組織からローカルにソールコードを取得することができます。 VSC […]

本番組織へのソース形式でのデプロイ

概要 本記事はSalesforceにおけるリリースにおいて、CLIを使用する場合にソース形式(メタデータ形式ではなく)で直接、本番組織へデプロイする方法を記載します。これまで(Spring’19以前)もSandboxへはソース形式でもデプロイすることができましたが、本番組織には一度メタデータ形式に変換したのちにデプロイする必要がありました。Summer’19からは、一度クイ […]

Salesforce CLIを整理してみた

概要 本記事は、Salesforce CLIで使用可能なコマンドを整理したものとなります。筆者が気になったコマンドついては、個別に実行してどのような結果となるかを試してみました。ただし、これらのコマンドは毎リリースで仕様が更新されているので最新情報は下記のURLで確認してください。https://developer.salesforce.com/docs/atlas.en-us.sfdx_cli_ […]

VSCodeでSalesforceのPackage.xmlを作成

概要 本記事では、VSCodeのExtensionを使うことでSalesforceの対象組織のメタデータを抽出するのに必要となるPackage.xmlを作成する方法を記載します。 Extension 使用するExtensionは下記になります。なので、まずはこれをVSCodeにインストールします。Salesforce Package.xml Generator Extension for VS C […]

VSCodeを用いたSalesforce開発で使用するExtension

VSCodeを用いたSalesforce開発で使用するExtension 従来のSalesforceのApexやVisualforceの開発では、Force.com IDE(Eclipse)やMavensMate(SublineやAtom)がローカルの開発環境として使用されていました。現時点(2019年3月)でこれからの開発環境は、VSCodeのExtensionを用いるのが標準となります。本記事 […]