2020年4月

ABC162 D問題(2020.4.12)

  • 2020.04.14

まえおき 最初に記事の本題に入る前に前置きを書きたいと思います。去年くらいから新しくプログラミング言語を勉強していても実務で使用する機会がない言語でアウトプットする場がないと身につかないなと思い始めました。そこで色々考えていたのですが、ある時TwitterのTLでAtCoder(https://atcoder.jp/)という日本発の競技プログラミングが流行りはじめているのをみて興味を持ったのがきっかけでした。試しに参加してみたら割と簡単に参加できて、大体週一回開催というペースがあっているなと感じ少しづつ始めるようになりました。言語は最近勉強し始めていたPythonを使って参加しておりますが、数回参加して感じたのはプログラミング言語の問題や課題ではなく自分のアルゴリズム能力の無さでした。この課題は将来のためにも改善した方が良いと思い、より本腰を入れて毎週末の夜にABCのコンテストに参加するようになりました。ところが、参加するだけではなかなか能力の向上はないので、問題に臨んだけど解くことができなかった問題は回答や他の方の実装を参照して、自分なりの実装を作成するというのを始めることにしました。そして、その内容はなるべくブログで簡単にでもアウトプットしようと思っています。それの初回が本記事となります。また、時間があれば、アルゴリズムについてチーター本、蟻本、螺旋本あたりを読んでブログで整理できればと考えています。ということで、前置きが長くなりましたが、早速先週末(4/12)の夜に開催されたABC162のD問題が解けなかったので、その回答と自分なりの実装を本記事では記載します。 問題 ABC162 D問題 RGB Triplets https://atcoder.jp/contests/abc162/tasks/abc162_d 解説 https://img.atcoder.jp/abc162/editorial.pdf 理解 何も考えないで実装すると、i, j, kについて全探索で処理を行ってしまい計算量はO(N^3)となり、nは最大で4000なのでTLEしてしまいそうです。なので、方針として最初に”R”,”G”,”B”の3つが異なる組み合わせとなる総数を算出してから2つの条件にマッチしないものを引いていくことにします。その理由は、マッチしないパターンであれば問題文の2個目の条件でi, j, kの関係でi, jを固定するとkが算出できるので、その分を総数から引いてあげることができます。その場合の計算量はO(N^2)とすることができそうです。 実装例 自分が作成した実装は下記の通りとなります。

VSCode Onlineを試してみた

  • 2020.04.04

概要 少し前ですがMS社のVisual Studio Onlineのパブリックプレビューで利用可能となったので、実際に触ってみました。個人的に注目していた理由はiPadからコーディングするのにブラウザ経由でVSCodeで使えるのであれば少しくらいなら課金してもいいかなと思って試しました。本記事では検証のために触った際のメモを記載します。※ちなみにブログ投稿と実際の作業試した日に時差があるので画面等が古かったらごめんなさい。 手順 サインアップ 下記のページからサインアップできます。サインアップするには、MSアカウントとAzureのサブスクリプションプラン(課金設定)が必要となります。 https://visualstudio.microsoft.com/ja/services/visual-studio-online/ Visual Studio Onlineの管理画面(?)に遷移するので、Create a Billing Planを実行します。https://online.visualstudio.com/environmentsLocationは、いくつか選択することができましたがSourtheast Asiaを選択しました。 作成したLocationでCreate environmentで環境を作成します。Gitのリポジトリを指定すると環境作成時に自動でCloneされるようです。また、Instance Typeでは、StandardかPlemiumのどちらかが選択できます。Suspendするまでのidle時間もここで選択して環境を作成します。 接続 環境が作成できました。 Connectを押下すると、ブラウザからVSCode Onlineに接続できました。なお、Connectした環境は、明示的にSuspendすることもできそうです。 価格 価格は、こちらにありました。https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/visual-studio-online/課金は、アクティブの時間数と環境を保持していた時間数の2つをベースに計算されるようです。なので、例えば基本消費ユニット × 環境を保持していた時間数:2 × 730時間(約一ヶ月分)アクティブユニット × アクティブの時間数(Connectしていた時間数):125 × 100時間(1日5時間で20日間) 合計 → 7,317.28円まぁまぁいい値段になりました・・・ セルフホステッド 上記の価格表にセルフホステッドが無料と記載されていたので、こちらもどのようなものかを試してみました。https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/online/how-to/vscode#self-hostedローカルのVS Codeのコマンドパレットで、VS Online: Register Local Environmentを実行します。環境名は、デフォルトでPC名となるのでそのままでOKのようです。 セルフホステッドだと、当然クラウドのサーバーは利用しないので課金はされないのですが自宅でサーバーを保有しているとかではない限り常時PCを立ち上げておくとかは現実的ではないので私は使用するのは断念しました。 結論 もうちょっとPrice Downしたら利用しようかなと思いました。プライベートのコーディングであれば、アクティブの時間はそれほど多くないと思うので基本料金の部分がもう少し下がれば、検討しても良いのかなと思っています。