2019年9月

VS CodeのOrg Browserという機能

  • 2019.09.23

概要 Salesforceのソースコードベースの開発を行う際には、VSCodeとその拡張機能(Extension)を使用しますが、その中にOrg Browserという便利な機能が追加されていたので紹介したいと思います。Org Browserを使用すると、manifest file(package.xml)を作成せずにSandbox等の組織からローカルにソールコードを取得することができます。 VSCodeの基本設定やSalesforceのExtensionについてはこちらに記載していますので、本記事では割愛します。 使用方法 SFDXプロジェクトを作成する VSCodeのコマンドパレットでSFDX: Create Project with Manifestを実行してSFDXプロジェクトを作成します。 接続対象の組織を認証する VSCodeのコマンドパレットでSFDX: Authorize an Orgを実行して対象組織の認証により接続を行います。認証するとVSCodeの一番左のアイコンにSalesforceマークが表示されます。こちらが、Org Browserの機能となります。 対象のメタデータを選択 Salesforceマークを選択すると、接続した組織のメタデータの一覧が表示されます。その中からローカルのプロジェクトにダウンロードしたいメタデータを選び、ボタンを押すとダウンロードされます。 ダウンロードしたファイルは、ソース形式でデフォルトでは下記のパスに格納されます。sfdx project > force-app > main > default これでソースコードによる開発をVSCode上で容易に行うことができます。これまでは、package.xmlを作成しないと対象のメタデータをダウンロードできかったのと比較すると非常に簡単になったと思います。 ちなみに、package.xmlの作成方法については、公式のExtensionではありませんが、下記の記事に記載しているものを使用すればVSCodeのUIベースで作成することもできます。 参考 Org Browserhttps://developer.salesforce.com/tools/vscode/articles/user-guide/org-browser